カニ味噌の豆知識

越前ガニ福井県の魚に指定されており、冬の味覚として高い人気を誇っています。越前ガニは数あるカニの中でもおいしいと評判になっており、身の部分だけでなくカニ味噌もおいしくいただくことができます。こちらではカニ味噌に関する豆知識をご紹介しています。

カニ味噌について

カニ味噌をカニの脳みそとイメージされている方は少なくないかと思いますが、カニ味噌とはカニのすい臓と肝臓の部分を指しています。カニの臓器は人間のように分かれていないため、カニのすい臓と肝臓は中腸腺と呼ばれています。

この中腸腺は卵巣の成熟によって脂質の量が変化し、卵巣の成熟前は脂質が多くなり、成熟後は脂質が少なくなります。脂質が多くなるほどカニ味噌がおいしくなりますので、卵巣の成熟前はカニ味噌がおいしくなります。と言っても全てのカニ味噌がおいしく食べられるわけではなく、カニ味噌として食べることができるのは越前ガニや毛ガニなどが一般的です。

カニ味噌の楽しみ方

身の部分は焼いて食べたり茹でて食べたりと楽しみ方をご存知の方は多いですが、カニ味噌をどのように楽しめばいいか分からない方は少なくないかと思います。カニ味噌も身の部分同様に様々な楽しみ方ができ、カニ味噌は独特な味が特徴となっています。カニ味噌をスプーンですくってそのまま味わうのも楽しみ方の1つですが、様々な料理に活用することもできます。

カニ鍋にカニ味噌を加えるとより深みのあるカニ鍋を楽しむことができますし、パスタなどに混ぜることでコクのあるおいしいパスタが楽しめます。他にもカニの甲羅にカニ味噌を移して網焼きにして、汁気がなくなるまで焼けばカニ味噌ダレとして楽しむことができます。

当店では越前ガニをはじめズワイガニや毛ガニを販売しており、新鮮でおいしいカニが通販で簡単に購入できます。カニ以外にも甘えびや梅干しといった商品も販売しており、福井の名産品を産直でお届け致します。ご自宅でおいしいカニを楽しみたい方は、ぜひ通販をご利用ください。





戻る