ズワイガニの黒い粒について

カニは焼いて食べても茹でて食べてもおいしい食材であり、誰もが一度は口にしたことがあるかと思います。カニの中でもズワイガニは人気が高く、今では通販でいつでも堪能することができます。
ズワイガニの甲羅に黒い粒を見掛けることがありますが、甲羅の模様と思われている方は少なくないです。こちらでは黒い粒についてご説明しています。

黒い粒はカニビルの卵

カニビルとはヒルの仲間であり、黒い粒はカニビルの卵です。ヒルは血を吸うイメージがあるので何か影響があるのではと思われますが、カニビルはカニに何の影響も与えないのです。カニビルは硬い場所に卵を産むのですが、泥の多い場所に生息しているので硬い場所に卵を産むことができないのです。

ズワイガニの甲羅は硬さがあるだけでなく、頻繁に移動することから卵を産む場所として最適なのです。海底近くで獲れるズワイガニの場合は卵が多くついており、岩場の多い場所で獲れたズワイガニの場合は卵が少ない傾向にあります。

おいしさの目安となる

カニは脱皮をすることで成長し、脱皮して時間が経過することで身の詰まったおいしいカニへと成長します。カニは脱皮を行うために多くの栄養を必要としますので、脱皮を行うと身がスカスカの状態になります。カニビルは脱皮直後のカニに卵を産みつけることはほとんどなく、脱皮してある程度時間が経過してから甲羅に卵を産みつけます。

そのため、カニビルが多くついているカニは身が詰まっている状態なので、おいしいカニであると判断することができます。といっても脱皮直後のカニに卵を産みつけることもありますので、カニを選ぶ際の目安として覚えておくといいです。

ご家庭でおいしいズワイガニを堪能されたい方は、当店の通販でお買い求めください。
カット済みの商品やズワイガニが丸ごと楽しめる商品を販売しており、福井県のおいしいズワイガニを産直でお届け致します。ズワイガニの他にもボイルされたタラバガニや毛ガニも通販で購入できますので、ご家庭用やギフト用にもぜひご利用ください。





戻る