魚介類をおいしく保存するために

日本には、古くから刺し身を食べる習慣があり、日常的に魚介類を口にしている方も多いです。
魚介類をおいしく味わうためにも、すぐに食べられない時は正しい方法で保存して、鮮度を保つことも大切です。

食品トレーのまま冷凍してしまうと、凍るまでに時間がかかってしまい、解凍時にドリップと呼ばれる旨味や栄養素が流れ出た汁が出やすくなります。そのため、購入した時に入っているトレーから取り出して冷凍することが大切です。冷凍する時はラップに包み、ファスナー付きの保存バック、もしくはふた付きの容器に入れて冷凍します。

冷蔵庫の急速冷凍機能を用いて冷凍すると、魚の旨味が流れ出にくくなるのでおすすめです。熱伝導が良いアルミトレーに食材を置いて冷凍すると、冷凍スピードの短縮に繋がるので、急速冷凍機能が付いていない冷蔵庫の場合はこちらの方法で代用すると良いでしょう。また、下処理を行ってから冷凍することで、より長くおいしさを保つことができます。内臓など不要な部分を取り除いておくと、鮮度が保ちやすく、調理する時も使いやすくなります。また、切り身にして味噌やこうじに漬けて味付けしておくと、鮮度が保ちやすくなります。

エビ

頭と背わたを取り除き、殻付きのものは塩、剥き身のものは塩または片栗粉をもみ込みます。
その後、水洗いして水気をよく拭き取ります。この下処理を行っておくことで、日持ちしやすくなります。冷蔵の場合は、ラップで包むか、ファスナー付きの保存パックに入れて保存します。長期保存する必要がある場合、エビ同士がくっつかないようにラップで包み、冷凍します。また、購入後に解凍したエビは、加熱処理をしてから冷凍する必要があります。

明太子

明太子は冷蔵庫でも保存することができますが、冷凍保存することでより長期的な保存が可能になります。明太子は乾燥しやすいため、冷凍中に乾燥しないように注意しましょう。一つずつラップで包み密閉容器に入れて保存します。ペースト状のものを冷凍する場合、小分けにしてラップで包む、または密閉容器に入れて冷凍保存します。

豊かな海が広がっている福井県には、越前エビせいこ蟹などの福井名産品が沢山あります。
福井名産品のお取り寄せをご希望の方は、当店の通販をご利用ください。当店では、福井名産品の越前エビ、せいこ蟹をはじめ、福井で水揚げされたや福井県産の地酒梅干しを取り扱っております。鮮度にこだわった厳選食材を販売しておりますので、福井名産品のおいしさをぜひ、ご自宅でご堪能ください。





戻る