代表的なカニの種類と特徴

冬の味覚として知られているカニには様々な種類があり、特徴も大きく異なります。カニの種類と特徴を理解しておくと、カニを購入する時、調理する時に役立てることができます。

ズワイガニ(越前ガニ)

ズワイガニは地域によって呼び方に違いがあります。越前ガニという名称を耳にしたことがある方もいらっしゃると思いますが、この名称で呼ばれるのは、福井県沖で水揚げされるズワイガニの雄のみです。ズワイガニは、特に新鮮なものであれば刺し身として堪能することもできます。身は甘みがあり、カニ味噌も濃厚なため、一度味わっただけでズワイガニのファンになる方も珍しくありません。カニの旨味を堪能したい時にぴったりです。甲は三角形で少し丸みを帯びています。

タラバガニ

足の直径が5cm以上あるのが一般的なサイズだと言われている程、足がしっかりとしているため、一目見ただけでタラバガニだと判断することができると思います。サイズが大きいものが多く、甲羅は約25cm、足を伸ばすと約1mにも及ぶこともあるため、初めてタラバガニを目にした方は、その大きさに驚かれると思います。肉付きの良さ、身の弾力は他のカニにはないものを持っています。食べ応えがあるので、「カニを食べた」という満足感を得たい時におすすめのカニです。
ただ実は、タラバガニは厳密にはヤドカリの一種に属しています。カニに似ていますが、カニよりも足が一対少ないです。

毛ガニ

毛ガニは、ズワイガニやタラバガニと比べると、比較的サイズは小さめです。毛ガニの大きな特徴は、カニ味噌です。「カニ味噌を味わいたいなら、毛ガニ」と言われているほど、カニ味噌が高く評価されています。小柄ながらも、カニ味噌がぎっしりと詰まっており、味もクリーミーで甘みがあるため人気が高いのです。カニの身も繊細で上品な味わいなので、毛ガニのフォルムからは想像が付かず、食べたことがない方は口にした時にきっと驚かれるでしょう。時期によって捕れる地域が異なり、一年を通して供給が安定しやすい品種です。

越前ガニを通販でお取り寄せしてみませんか?当店では、越前ガニを福井県から産直販売しております。おいしいと判断したカニのみを販売しておりますので、安心してご利用いただけます。
越前ガニ、タラバガニ、毛ガニを各種取り揃えておりますので、カニ料理を楽しみたい方は、ぜひご利用ください。





戻る